ダイエット 女性 出産

ダイエット 女性 出産

体重の増加と下っ腹がなかなかひっこまないこと。

 

 

"出産し、子育てのストレスでいつでもお菓子を食べ、母乳で育てたので食欲も増え、体重が出産前より増加し、服が入らない、きつくなってきました。
 
冠婚葬祭の服は全く入らず、買い直し出費がかさみました。また何を着てもおばちゃん(年齢的にもおばちゃんですが、)にしか見えず、子どもからしたらこんな母親は嫌だろうなぁと思うことが増えてきました。

 

 

 

下っ腹も出て来て、ウェストラインはなくなり、ドラム缶体型になりました。

 

 

 

1度痩せたのですが、安心してかまた体重も体型も戻り、服がきつい状態になりました。

 

子どもと外で遊んでも家に帰ると、子どもと一緒にお菓子を食べていたり、子どもが残したご飯やおかずを食べたりしてしまいます。

 

残すともったいない!と思ってしまうので、ついつい残らないように食べてしまうのが、体型も体重も増えていく原因の1つだとわかっているのですが、止めれないのが悩みです。

 

子どもの余ったご飯やおかずを、ラップをかけて保存できるようになりたいです。"

体操と筋トレと子育てと食事制限

 

 

"まず、子どもと毎日公園や買い物に行き、一日一回は外で歩くようにしています。

 

公園では走り回ったりできるだけ体を動かすように心掛け、買い物では子どもに負担にならない程度に遠回りしたり、用事もないけどウロウロと色んなお店へ行ったりしています。

 

体操はラジオ体操と柔軟をお風呂上がりに必ず行い、余裕があればピラティスの準備体操までするようにしています。

 

筋トレはあまりやりすぎると筋肉痛になり、外遊びや買い物に支障をきたすので、ほどほどを心掛けながら腹筋とスマホアプリの筋トレを少しでも時間があればするようにしています。

 

また室内でも、家事をマメにするようにして、できるだけぼーっと休む時間はないように心掛け、子どもと遊ぶ時も走り回ったり飛んだり座らないようにしています。

 

 

 

筋肉痛や風邪、調子が悪い時は、回数やすることを少し控えながらもできるだけ毎日できるようにしています。

 

腹筋は腰痛にすぐなるので、回数は減らすことが多いです。

 

また食事制限もし、常に腹八分目を心掛けて食べ、朝食は野菜ジュースのみにしています。

 

 

 

そのおかげで少しずつ体重も減ってきています。"

こんな記事も読まれています♪

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ